TOP画像


親の経済力=子どもの学力?



教育格差が学歴格差を生み、
学歴格差が所得格差を生み、
所得格差が教育格差を生む。

と言われているそうです。

確かに最近では小学生の頃から塾に通うことは常識になってきています。
管理人が小学生の頃は、中学受験をする子以外は塾には行っていませんでした・・・

塾に通うと効果に個人差はあれど、通わないよりは良い成績になりますよね。
しかし、みんながみんな塾に通えるという訳ではありません。

経済的に余裕がなければ、いくら通わせてあげたくても難しいですよね。

そして塾に通わず受験に臨むと通っている子に比べて結果は劣ってしまうでしょう。

就職活動には学歴フィルターがあると言われていますし、
ある程度の学歴がなければ大企業に入れる可能性は低くなってしまいます。

もちろん良い大学に入ったから高収入になれるというわけではありませんが、
可能性は高くなると思います。

このようなことから、教育格差、学歴格差、所得格差という負のスパイラルが生まれてしまうんです。

親の経済力と子供の学力には深い関係があるそうです。
経済力のある家庭は教育に対する関心が高く熱心に指導する傾向にありますが、
経済力のない家庭は教育に対する関心もあまり高くないそうです。

離職率が上がると、当然経済力のある家庭が少なくなってしまいます。
そうなると子どもの学力の低下も進んでしまうのではないでしょうか。






TOP | 離職率とは | 親の経済力=子どもの学力?失業率を低くするために

ブラック企業を見極める! | 離職率の高い業種は?

おすすめサイト | http://businessman-manner.biz/



(C)Copyright 2012 離職率について